2009年4月アーカイブ

本日、TREK六本木店、店長矢野さん主催のツーリングに行ってまいりました。9時半にTREK六本木店前に集合です。私は時間を間違え9時に来てしまいました。参加者は店長含めて7名、うち2名は夫婦でのご参加です。車種はTREK主催なだけに5台がTREK,後はPINARELLOとGIANTです。PINARELLOは夫婦でご参加されてる旦那さん、GIANTは一番経験豊富な方のバイクになります。他は'09モデルの私のMadone4.5、夫婦でご参加の奥さんのMadone4.5WSD、もう一台フラッッグシップモデルであるMadone6.9です。店長ともう一方はそれ以前のモデルのTREKです。

出発早々私は六本木TREK店の前で立ちゴケしてチェーンが外れました。\(^o^)/
他の参加者の方の不安を煽ってしまう幸先危ぶまれるスタートです。スタート前に片足をビンディングペダルにつけたまま停車している時に左側に重心がずれてそのままこけました。こけたのはビンディングペダル装着初日以来です。

コースはiPhoneのiTrailというGPSを利用したアプリを御覧頂きます。

画像 215.png
iTrailは定期的にGPSの位置情報のログを取り、経路や速度を表示するアプリです。

画像 219.png
家からTREK六本木、そして山下公園の経路

画像 216.png
家から六本木TREK,山下公園までの速度グラフ
距離は40.42Km。GPSの位置取得間隔は10秒に設定しします。最高時速60.6Kmは、六本木TREKに向かう時、私は9時スタートと勘違いしたので飛ばしていたためです。道次第では10秒間ぐらいは60Kmを出す事はそれほど難しい事ではありません。体力面より道路の安全上の限界です。北海道で見晴らしの良い所で平地の最高速度のトライをしてみたいものです。

休憩ポイントの山下公園までは平均22Kmのスピードでした。150周年イベントと言う事らしく非常に人が多かったです。自転車店に行ったり、こうしてツーリングに参加させてもらう度に勉強になるのですが、今回は初の列車という事でハンドシグナルなどを覚えました。初めは慣れずに後続でシンガリを勤める経験豊富なGIANTの方に迷惑かけました。それを折り込み済みで距離を空けて走って頂いていたのですが。この方にも色々教えて頂きました。私よりもかなり年上の方だと思うのですが、朗らかで身体も若々しくシェープアップされてます。ロードバイク乗り続けていればこんな風にいつまでも元気でいられるのかな。生きていれば。
その方は自転車歴が長いのでいろいろな経験をされています。首都圏でロードバイクに乗る事は東京の交通戦争の中に身を投じる事です。このブログでロードバイクの素晴らしさをいつも語っていますが、ロードバイクに乗る事はリスクを伴う事だと言うことは言っておきたいと思います。それだから必ずヘルメットをつけマナーやルールを守って走っているのです。それいより自分が怪我したり、怪我をさせたりするリスクを減らす事が重要なのですが、それでも不運が来る時は容赦なしです。

さて山下公園では縁石の段差にペダルをかけて停車する方法を学びました。皆さんのやる事を見ていると自然と色々なことが学べます。
画像 212.jpg
見えにくいですが、縁石の段差にペダルを乗せて停車。ちょっとした停車でこういう止め方をすると通ぶれそうだ。ただし不安定なのでコケても大丈夫な所限定。

山下公園から八景島へのログは以下ですが、GPSを10秒おきに作動させるのは余程電池を食うらしく、途中で残量10パーセントを切り、iTrailがログを取るのをやめていました。到着地点で再開したので途中の経過が抜けてます。これは北海道ツーリングの前に気づけて良かった点です。
画像 221.png

目的地は美味しいお店。海鮮丼とアナゴ天重に注文が分かれましたが、私はアナゴ天重で美味しかったです。海鮮丼も負けずに美味しかったという事なので次回があれば食べたいですね。
画像 213.jpg
店の前にまとめて駐車。

店での会話はとても楽しかったです。皆さん人生を楽しんでいて、こういう方達と一緒にいると自分も元気になれます。

食後は身体が重かったのですが、帰りは思ったよりしんどくなかったです。
画像 214.jpgのサムネール画像
Madone4.5と6.9。6.9を前にすると4.5はカラーリングが似てるだけに6.9のバッタもんみたいに見えてしまいます。この6.9にはSRAMのコンポーネントを付けられていて、本体共々珍しがられるそうです。ちなみにエアロホイルが本体のカラーリングと揃っていてかっこいいのですが、単体でこのホイールを買うとそれだけで私のロードバイク全部と同じ値段になります。しかしホイールが走行性能に与える影響は非常に大きくそれだけの価値があります。

初めてのツーリングは良い天気の中、程よいペースで爽快に楽しめました。こんな良い気候の日は年に何度もないそうです。春秋はロードバイクの季節にしようと思います。
自転車での旅行を計画するにあたって、天気予報は重要である。雨が降るとロードバイクは速度が半減する。北海道の天気はきまぐれなので、気温を知りそれに対応する服装を取れるようにしなければ体調を崩してしまう事になる。天気予報関係のツールは多いが私は予報のソースに信頼がおけて操作性が高いウェザーニュースを愛用している。ウェザーニュースは私自身の実感とても予報の精度は高いし、他の会社などの人の話を聞いてもウェザーニュースの評価が高かった。

ウェザーニュースはPCはもちろんiPhone及び携帯から利用可能。iPhone用はウェザーニュースタッチというタッチインタフェースを考慮した操作性の高いものとなっている。

<直近の天気をiPhoneで>
旅行当日は走行予定の場所の当日、及び次の日の天気を知りたい。雨なのか、気温はどれくらいか、風の強さは。自転車には全て必要な情報だ。

画像 205.png
トップ画面は全国の天気

画像 202.png
北海道をタッチするとズームされる。今日/明日、天気/気温/風向を選択して必要な情報を見る。

画像 206.png
さらにタッチして選択して観測所単位までズーム可能

画像 203.png
ちなみに4月26日の北海道は雪だった。北海道の天気は気まぐれだ。

画像 209.png
いくつかの天気に関するトピックでChという物がある。

画像 208.png
桜チャンネルを選ぶ。北海道の桜は今だつぼみ。

画像 210.png
モニターの人がアップした写真でより詳細に桜開花情報をチェックできる。

<PCで見る>
PCは基本的にiPhoneと同じインタフェースだ。携帯用は若干プアだが大体同じ感じ。

週間天気.PNG
PC版では地域まとめて週間予報が表示可能。iPhoneでは一つの地域の週間予報となるが一時間毎の予報の表示が可能。


画像.png
このように、手元にある端末と家にある端末で見る時の情報のニーズの違いを考慮した若干の違いがあるが、基本操作は同じ。

GW天気.PNG
PC版の方がチャンネルは多い。とりあえずGWの北海道は晴れの日が多いようだ。初日に北斗星がつく5月3日の午後の札幌は雨のようなので、一日目のコースは若干短めに変更だ。

このようにPC及び手元にある端末で素早く、正確に判断するための情報を集め、的確に判断を下す。一見すると沢山のツールと大量の情報が押し寄せ、せわしないようだが、少しずつ慣れればツールで受ける恩恵の快適さで生活がよりストレスフリーになる。iPhoneなどのスマート携帯端末は個人の補助脳的役割が注目されている。これからそういった個人の思考を補助してくれるツールを紹介していければと思う。大事なのは気負わずに楽しんで、自分が使いたいと思うツールをまず一つ使う事だ。ツールを補助脳にする事の素晴らしさを一度体感すれば、自然と多くのツールを使いこなせるようになる。それはデジタルもアナログ機器も同じ事だ。

自転車急増中

| コメント(996) | トラックバック(0)
私の会社の駐輪所の自転車に変化があった。私がロードバイクを買った時は、ロードバイクは無し、ピストバイクが一台、クロスバイクが4台程であったが、最近ロードバイクが私意外にも三台あり、クロスバイクも三台程増えた。ロードバイクのうち一台は私と同じTREKであり私のロードバイク販促運動の成果と言わざるをえない。akarin自意識過剰だなと思う人がいるかも知れないが、自転車メーカは星の数程あるのだ。私もなるしまフレンドにとまっている客の自転車や店内の商品の自転車などを見ていろいろな自転の勉強をしているが。(ただ色んな自転車を見るのが好きなだけですが)とりあえずどんなメーカがあるのか名前だけでも覚えて頂くとしよう。各メーカーの説明は私の知識が増えると共に紹介して行きたいと思います。


歌に出てくるメーカー(一部チーム名) 歌詞に出てくる順
MIYATA COLNAGO Bianchi Peugeot commencal LOOK KLEIN
TOMMASINI Moulton Battaglin OLMO SCAPIN Campa Cannondale
CARRETA CASATI ALAN MAVIC GIANT マルイシ MASI PASSO
SPINERGY AMANDA コロンブス MURACA SPECIALIZED
TREK ANCHOR DEROSA GITANE PINARELLO Sonic Cinelli
Coppi Bottecchia ORBEA

ちなみにこの動画はmixiのロードバイクコミュニティで知った物です。mixiのコミュニティは自分の趣味の知識を深めたり人脈を拡げるのに非常に役立ちます。この動画の絵はいかにも某スタジオっぽいですね。見たことないですが「茄子 アンダルシアの夏」というアニメのエンディングだそうです。忌野清志郎は自転車マニアで有名です。またランス・アームストロングと同じく癌を克服した人でもあります。

本日スケート教室のメインインストラクターである今堀先生を囲む会を開催させて頂きました。今堀先生の昔の話は非常に面白かったです。スケートの道を選んだ経緯、日本選手権に出る事になった経緯など予想外の物でした。もともと学生時代バンドでベースやギターを弾いておられる事は聞いていましが、今ドラムの練習をされているとは知らなかったです。と言う事でもときんさんのサックスや私のキーボードを加え、バンドを組む事となりました。形になったらスケート教室の皆さんなどを前に演奏会などをしたいです。

スケート教室の方のお仕事や他の趣味などのお話も聞けて面白かったです。ある男性はトラックレーサー乗りで自転車の話で盛り上がりました。ロードバイクから入ったそうですが、トラックに興味が移り現在ピストバイクを四台所持されているそうです。ちなみにその方もドラムを趣味でやっているそうです。

その他スケート教室の人が会社の鏡でスパイラルのポーズを取っている話や、電車にはつり革をもたずに立ってバランスを取る練習をしているなど皆同じ事をやってるんだなという話が面白かったです。

神宮はしばらくお休みですが、おそらく神宮大人スケーターの交流は再開後さらに深まるのではないかと思います。教室間の交流もとれれば次回は大人数の交流会とかも面白いかもしれません。こういった大人の趣味の集まりは楽しい物ですね。
超方向音痴ローディーakarinはIT技術のサポートにより初めて走行可能となっている。北海道の大平原で迷子にならないためにはマップツールが不可欠である。

<ルーティング>
PCのグーグルマップで行う

より大きな地図で 北海道ツーリングルート を表示
今回は道央を巡るコースとした。基本はルート1だが、もっと距離を延ばしたいと思ったらルート2を取る。何れも路線沿いなので何かアクシデントがあれば輪行して札幌に戻れる。


<ルーティング2>
今回は比較的高低差の無いコースを選んだが、コースの所要時間には高低差の影響が大きい。ALPSLAB routeで高低差を含むルートの検証を行う。



<ナビ>
当日はiPhoneのナビに頼る。GPS付のマップ機能は超方向音痴の私にとって不可欠だ。

画像 198.png
私のiPhoneのホーム画面一枚目。9枚目までアプリを入れている。その他の便利機能もそのうち紹介したいです。とりあえず「マップ」を押す。

画像 201.png
北海道と入力すれば、北海道が出てくる。当日は左下の○を押せば現在地が表示される

画像 200.png
タッチパネルで二本指で拡げる様な操作をすると地図がクローズアップする。マップツールとiPhoneのタッチパネル機能の相性は非常に良く、軽快にマップの操作が可能だ。

画像 195.png
ユースホステルと検索すると、表示中の画面にある範囲にあるユースホステルを全部表示してくれる。ホテルとやると該当件数が多くなり、ピンだらけになる。

画像 197.png
ピンの矢印アイコンをクリックするとその情報が表示される。電話番号の所を押せばそのまま電話がかかり宿の予約が可能。

画像 199.png
URLの所をクリックするとWebブラウザが起動してその宿のホームページが表示される。
この宿はユースホステル共有サイトがリンクされていたが、たいがいその宿独自のホームページが用意されていて、宿の施設、予約状況などが確認できる。

最新のテクノロジーを駆使した万全のマップ機能を持ってしても私の迷走を止める事は困難であり、日が暮れたときには見知らぬ場所に出ている事もある。そんな時はこの手順でホテルを表示させかたっぱしから電話をかけて空いてる宿を探す事になる。

前回紹介した予備バッテリーのおかげで電池切れの心配はまず無い。後はiPhone本体の故障だけが心配だ。その場合は旅を中断せざるえないであろう。GPS機能無しでは超方向音痴ローディーakarinが北の大地を駆ける事は不可能なのである。
akarinショッピングのお時間がまいりました。

今日紹介するお品は二点、まずはサングラスから。

画像 176.jpg
左が今回ご紹介するESS ICE3.0です。左は以前紹介したUVEX

ICE3.0はアメリカ海兵隊他多くの軍警察に採用されておりまして、10メートル先のショットガンの弾丸を止める強度、軽量でツルのアジャスト機能によりフィット感抜群、歪みの無い一体成型レンズ、100パーセントUVカットという高機能で好評を博しております。

これに、今回は何とブラック、クリア、イエローーーウの三色のレンズをつけて、曇り止めクロス、落下防止ストラップ、これらが全て収納できる専用ケースをつけて、6800円でご奉仕させて頂いております。お電話は今すぐ、続きはWEBで

画像 181.jpg


と言う事で、ESS ICE3.0が一週間ほど前にやっと届きました。UVEXと一緒に頼んだのですが、入荷待ち状態でした。こちらが本命でUVEXはロードバイクに乗る都合早急に必要なので、在庫のあるすぐ入手可能な物を購入したのです。一見UVEXのツルやノーズの方がしっかりしてるように見えるかもしれませんが、かけごごちはICEの方が良いです。全体の重量バランスや材質が良く計算されている印象です。リンク先のお店の価格は高めですが、だいたいの店で6500円前後くらいで入手可能です。レンズはUVEXより厚いのですが、軽量で強度が高くゆがみがありません。UVEXの方は若干傷がついてしまいました。

バイク用のサングラスは専用の物が売られていて2万くらいの物が多いのですが、このシューティンググラスはバイク用に向いていてちょっと変わってていてお勧めです。北斗星の切符を買いにみどりの窓口に並んでいる時に「あのサングラスかっこいい」と通りがかりの女子大生らしき人に指を指されました。シューティンググラスはどちらかというとミリタリーオタクの方が使用していて、街中ではまだあまり見かけないようです。

また三色レンズであるところも便利で、いつもはイエローーーウを愛用していますが、真夏の日差しにはブラック、北海道の大自然はクリアを通して原色の景色を楽しみたいと思っています。サングラスはいろいろ試着してみまてたが、ICEは軽くてフィット感が素晴らしく他のサングラスを買う気にはなりませんね。私が主張する良い物買えばかえって出費が抑えられるという奴です。

続いてiPhone用バッテリー。iPhoneを購入してからずっとバッテリーが欲しいと思っていろいろ探していたのですが、コレという物が無く探し始めて一ヶ月ぐらいたってしまいました。北海道ツーリングでいりようという事で本腰をいれて選定を始めました。六本木Trekのスタッフの方にも携帯電話の予備電池は必須とアドバイスを頂いていたので。トラブルで動けなくなったら電話で助けを呼ばねばなりません。

iPhoneのバッテリーといってもいろいろな種類があり、私の用途としては、いつもロードバイクで移動なので、重量は気にならず、今回ツーリングに行くので容量のでかい奴が安心です。また必須条件として、完全に電池がなくなった状態から復活可能である事が重要です。iPhoneは1000mAh以上の容量のバッテリーでなければ完全なくなった状態から復活させる事が出来ないのです。これから購入される方はこの点注意してください。

おしゃれで太陽電池のついたiCharge eco DXとも迷ったのですが、太陽電池は非常時に魅力ながら満充電には相当時間がかかり基本的におまけみたいな物です。連泊のツーリングに行かないなら、デザインをとってこれを買ったかもしれません。周りに自慢したくなる私好みの商品だし。
しかし連泊ツーリングに安心して使える実用性をとってeneloop KBC-L2Sにしました。5000mAhの大容量で、iPhoneを3回フル充電可能なUSB端子出力タイプです。

画像 191.jpg

上がiPhone付属のUSBコンセントアダプタとドッグUSBケーブル
下がエネループと付属のUSB電源から充電するためのケーブル

画像 190.jpg

専用のACアダプタもついてくるのですが、iPhoneのUSBコンセントアダプタとUSB電源コードをつないでコンセントから充電可能です。こちらの方がコンパクトで荷物が減ります。青い点滅は充電中の印。
ちなみにコンセントタップはYAZAWAのスイッチ付スケルトンタイプの奴でコンセントを抜かずともスイッチで電気節約出来る事とインテリアとして使えるデザイン性が気に入ってます。

DSC00004.JPG

iPhoneへの充電はこんな感じです。

安心して北海道ツーリングに持っていける頼りになる予備バッテリーです。
今日はなるしまフレンド原宿店に行った。都内でも有名なバイクショップらしい。今日は北海道ツーリングにそなえてバイクウェアを買いに来た。

画像 165.jpg
画像 169.jpg
店の前に並んでいるのは商品でなく全て客のバイク。私のマドン4.5は個性的でおしゃれなロードバイク達の中にあってかなり埋もれている。
画像 167.jpg
例えばこのロードバイクはすごいと思った。ハンドルから何からカーボンの素材感全開でかっこいい。コンポーネントもシマノでなくカンパニョーロ。

店に並んでいるバイクはどれもこだわりがあり思わずしばらく眺めてしまった。行きと帰りではまた自転車が入れ替わっていて、全てのバイクを紹介したいくらい全て美しかった。例えば女性の自転車は華やかなペイントがされている物が多かった。しかしいちいち許可を頂くのは無理なので断念。並んでるバイクのほとんどは私と同じシマノ105コンポーネントをつけていた。コストパフォーマンスの高いグレードと言われている。
店の中には天井から大量のフレームがぶら下がり、完成車も多く展示され、試乗用に電動デュラエースをつけたロードバイクが展示してあった。電動デュラエースとはシマノの最上級コンポーネント、デュラエースの電動版でギアチェンジを電動アシストでよりスムーズに行う。

予定していたウェア、主にアンダーウェアを買って、悩んでいたバッグを見た。無駄な出費は避けたいので既に持っているアディダスのバッグで北海道ツーリングに行く事を考えていたが、バイク用に作られたバックパックはやはり違った。スケート靴を入れても、自転車のライディングフォームを考慮して作られたパッド付のバッグであればおそらくさらに楽に運べそうだ。最近はかなり慣れてきたのだが、やはりスケート靴が背中にあたる感じはあった。キャベツも若干苦労していた。
毎日使う物だし、より良い物ということで、ドイターの30Lの奴を購入した。レインカバー内蔵でハイドレーションシステムにも対応。自転車用に作られたバックパックはやはりしょい心地が全然違った。バックパック一杯に荷物を入れて店を出たが、フィットしつつも背中に圧迫間が無く、カーブも振られる感じが無い。荷物の詰め方も店員さんに教えて頂いた。上と下に軽い物をクッション代わりに入れ重いものは真ん中に置くようにパッキングせよとの事です。北海道ツーリングの話をするとやはり食料のとり方の話をされた。連日長時間であればエネルギーマネージメントが非常に大事だ。後宿泊というスタイルなので現地で調達できる物がれば現地で調達してなるべく荷物を減らした方が良いとアドバイスを受けた。

初めての人が入るにはちょっと敷居が高いが、これからロードバイクを買おうと思っている人はなるしまフレンド如何でしょう。Trec六本木の場合はまだお客がそれほど多くないので、落ち着いて店員さんに対応していただけれるメリットがあり、こちらは老舗のノウハウと選択枝の多さにメリットがあります。既にロードバイクを持っている人と一緒に行くのが良いかも。私ならいつでもお供しますよ。
昨日、オオタスケートに行ってスケート靴を研いでもらった。オオタスケートは東京ドームにある。もちろんロードバイクで行った。そしてそのままスケート教室とい流れだ。

今日は先週ののんびりサイクリング&スケート今日とほぼ同じか少し長いくらいの距離を走るので先週のエネルギーマネージメント失敗を修正する機会でもある。ようするに腹が減る前に食えと言う事だ。

画像 166.jpg
オオタスケートの入り口は分かりにくい。棚の上にあるのが私のGRAF

この店は多くの有名選手が利用している。店の主人が今日は小塚選手が来る予定なのだが、まだ連絡が無いと言っていた。そういえば今日は国別対抗男子フリーとエキシビジョンの間でちょうど開いている。小塚選手は私と同じオオタスケート仕様GFAFだ。荒川静香選手もこの店からGFAFを調達している。同じ靴なのになぜこうも滑りに差がでるのか。もっと精進せねば。シャープニングには一時間かかるのでその間に昼飯を食べる。

画像 163.jpg画像 168.jpg
東京ドームは全体に施設が綺麗なのだが何故か競馬関係周りは汚い。シャープニングに来たらいつもここでモダン焼きを食べていた。今日も食べた。

画像 170.jpg
クレープ屋とかは落ち着いて座れる椅子もあるし、全然綺麗

競馬関係周りにたむろする人は、こういっては何だが服装も身だしなみも気にしていないし表情もどんよりしている。競馬を楽しむ若い人達がいるのは知っているし佐藤浩市・大泉洋・小池徹平・蒼井優といったメンバーで地方の競馬場に行くのはさぞかし楽しいだろう。しかし東京ドームにたむろしている人は野球観戦に来た晴れの日の輝きが似合う家族連れや恋人達とはまるで別の世界の人のようだ。いつもシャープニングに来てそう思っていた。しかし今日気づいた、私は何故かその競馬関係の施設の薄汚い店でいつも昼飯を食べていたのだ。少し足を延ばせば綺麗な店はいくらでもあるのに。 これからもこの店のモダン焼きとモツ煮込みは食べると思う。お手頃価格で美味しい。しかし食べる場所はクレープを食べた所になると思う。何か自分の人生のように思う時がある。周りに毒づきながら実はそんな世界が居心地が良かったのかも知れない自分。しかし自分もその一部であったのだ、ほんのちょっと足を延ばせば日のあたる場所に出れるのに。

さてスケート場に入る前にチョコレートを三箱ほど買い、休憩の度に食べながら滑った。今日はもときんさんが着ていたので帰りはいつもの店で、熱く語り合っていた。私はもときんさんと話す時は音楽や社会情勢に関して熱く語る事が多いが聞き手になって頂き感謝している。いつもは聞き手になるよう勤めているがもときんさんには気兼ねなく好き放題喋る。

とまあ一日終わった後はさすがに疲れたのだが、次の日の朝は元気になっていた。先週は次の日は憂鬱だった。エネルギーマネージメントの修正は成功だ。後は北海道ツーリングに向けて精度を高めて行きたい。

最後に、食べるのが好きな人はロードバイクを趣味にする事をお勧めする。
Manbucchiさんが仕事の都合で行けなくなったという事で国別対抗戦の木曜(4/16)のチケットを譲ってもらった。この日は15時開演で男子シングルSP,女子シングルSPが行われた。私は会社帰りにロードバイクを飛ばして代々木体育館に到着。もしこれが歩き&電車であれば、会社は駅から15分くらいの所にあり、代々木体育館も原宿駅から結構歩くのでロードバイクより20分くらい余計に時間がかかっていたはずだ。私は男子ショートの最終グループに間に合ったがロードバイクのおかげである。

男子ショートではジュベールの演技でスタンディングオベーションした。こういったお遊び大会では客層もバラバラなのでどこでスタンディングオベーションが起こるかはわからない。マジ大会だとマニヤの方ばかりなので本当に良い演技にのみスタンディングオベーションが起こるがお遊びでは盛り上げる意味でも割と気軽に自分の好みの選手にスタンディングオベーションが起こる傾向にあるようです。

ジュベールのショートはライブで見ると本当に楽しい。4-3のコンビも決めてくれたしノリノリでした。ジュベールの本当の良さが理解できました。しつこいようですが、もし私がロードバイクを持っていなければこの演技を見て感動する事もなかったのです。

他は小塚&P.チャンの演技も印象に残りました。この二人の選手は私と身長や体系が近い上にスケーティングが抜群に上手いので参考にしているのです。ライザチェックも貫禄というかチャンピオンオーラが出ていました。以前は地味なイメージがあったのですがやっと華が出てきたな。初めて見に来たらしい女性のお客が「男子無茶かっこいい、織田君でもカッコ良く見える」と言ってました。織田選手に失礼な発言だが、TVで見るより生で見るとより良さが分かるのが織田選手の特徴だと思う。

女子シングルではフラット選手と浅田真央選手の演技でスタンディングオベーションした。周りは安藤選手に対してもスタンディングオベーションしていたが、私は本人比いまいち元気がないように見えたのでしなかった。素晴らしい演技であると同時に、その人の会心の出来である事が重要だと思うのです。

フラット選手は他のアメリカ若手三選手と同様トータルパッケージな選手である上に個性と華がある。フラット、キャロライン・ジャン、アシュレイ・ワグナー、長洲未来、私はこの4選手全員大好きである。もっと点数が出るべきであると思っているが、まだ先があるのでオリンピック後ぐらいに皆元気にスケートを続け、しかるべき評価を受けている事を望む。

浅田真央選手はSPにトリプルアクセルを含むコンビネーションジャンプを決めてきた。これに乗ってか世界選手権とは別人のように素晴らしい演技だった。浅田選手は安定しているように見えるかもしれないが、彼女は何かを表現して伝わるような演技をするには何かもう一押しが常に必要だ。今回は前人未到のジャンプ構成を成功させて乗ってきた。観客の目が肥えている全日本ではショートプログラムではスタンディングオベーションを受けるがフリーでは観客を本当にエキサイトさせるまでには至っていない事が多い。彼女の能力を思うと歯痒いのだが、どうにか常に観客を別次元の体験に導く本当の超一流選手になって欲しいものだ。

ちなみに私がオリンピックで金メダルをとって欲しい選手は安藤選手である。不安定要素の多い彼女であるが、トリノの借りを返して欲しい。モチベーションに出来るはずだし、精神的ににのればとんでもない演技をしてくれる選手である。
今日会社帰りにみどりの窓口に行って寝台列車の切符を取った。駄目もとで5月2日の北斗星をお願いしたのですが、幸運にも一席空いていた。みどりの窓口の受付のお姉さんも、「無いと思ってました、多分キャンセルで空いた席ですね」と言っていた。

まああれですな。もうゴールデンウィークも間近だというのに、今頃北海道までの交通の予約を取るとは旅行をなめすぎですな。普通は三ヶ月ぐらい前から計画するもんだ。でもまあ一人のんびり旅なので気楽です。コースと宿はまだ決まっていません\(^o^)/

北海道のどこを始点とするか、何でいくのかは昼飯時に会社の人の意見を参考にしながら考えました。トワイライトエクスプレスがいいんじゃないかという意見を頂いたのですが、超プラチナチケットである事が分かりました。同様にカシオペアもゲットしがたい、今回切符がとれた斗星も従来もっと早めでないと取れるようなチケットではありません。大学オケの知り合いの方は鉄道マニヤの方が多いのですが、その方たちから見れば猫に小判と思っておられるかもしれません。私はほぼ鉄分ゼロなのです。

候補には六本木トレック店で確認した空路、会社の方に聞いたフェリー、そして寝台列車とありましたが、空路は自転車破損の可能性があるのでやめました。ハードケースに入れれば大丈夫でしょうが、ハードケースは15万くらいからしかありません。もう一台自転車が買えちゃいます。これから輪行は空路でどんどん行くというなら買っても良いでしょうが、とりあえず寝台列車の輪行を中心に日本中を廻りたいと思っています。あなたの町にも行くかもね。

コース決めや準備もゆっくりと行っています。今回は軽装で、宿に泊まりながら5月2日から5月8日の五泊六日の旅です。気温は北海道出身の会社の人によるとゴールデンウィークはちょうど桜の季節だそうです。いくつか自転車の本は買っているのですが、「ロードバイクの科学」という本は参考になります。これからはこういう本の紹介はアフェリエイトでやっていくのでどんどん踏んで私に小金を稼がせてください。このサーバー月に500円かかるんです。元を取りたい。

「ロードバイクの科学」で参考になるのが、食料補給について。先日ののんびりツーリング&スケート教室の日は実は食料補給に失敗してハンガーノックではありませんがダメージが数日残ってしまいました。のんびりツーリングではカフェのみえ昼飯なし。トレック六本木から神宮スケートリンクまで調子に乗って飛ばして言ったのですが、明後日の方向に進んで大きく遠回りしてしまいました。私は超方向音痴なのです。GPS付携帯という物が世に無ければロードバイクには乗ってなかったかも知れません。iPhoneがあって良かった。iPhonのタッチパネルとGoogleマップの相性は良く非常に便利です。

まあとにかくろくに昼飯も食わず時速30kmくらいで一時間くらい走ってリンクでとりあえず肉マンを食ったのですが、外食に金をかける気になれず一個しか食べませんでした。それが災いして、エネルギー不足になったのです。運動を続けると脂肪が燃焼しますがその際炭水化物が必要です。炭水化物が不足すると脂肪を炭水化物に変換して燃焼させる仕組みが働きますがこれは非常時の回路でこれが作動すると身体にダメージが残り2、3日ボーっとして悲しい気持ちになります。鬱病の疑似体験が出来ると思います。

まあこれは私にとって非常に気をつけなければいけない状態なのでエネルギーマネージメントはしっかりやりたいです。本によると空腹を感じる30分前におにぎり1.5個、以降30分おきにおにぎり1.5個を食べる計算です。この本はいろいろな計算が書かれていて参考になります。AT限界やら乳酸限界、VO2maxに関しても分かりやすく書いてあります。現地で調達できて消化の良い炭水化物を思案中です。

服装は雨を考慮して前に紹介した黄色いレインジャケットを持っていく予定です。寒い時はレインジャケット、通常時は緑のルコックともう少し薄手のアスタナカラーのバイクウェアで一日づつ洗いながら使用予定。

コースは余裕を見て決める予定です。今回は道東を中心に考えて、次回挑戦する時に北海道制覇を目指す事にします。山は避け、秘境も避けます。それでもそれなりにリスクのある旅にはなるでしょうからトラブル対策もしつつ準備万端で行きたいと思います。

DGP5復活

| コメント(1190) | トラックバック(0)
DGP5の修理が終了した。当初は新品交換もありえるかと思ったが、パーツの交換で済んだ。音源ボードが不調だったらしく交換して頂いた。
画像 159.jpg
修理中のパーツや工具。下に見えるボードを最初交換したが、故障箇所でなはかった。音源ボードが故障していると分かって交換。

修理が長引いたので、途中で活力鍋でカレー作って食べていたが、修理の人が圧力鍋は早く調理できていいですよね、と言っていた。これで温度に左右されず、電子楽器らしく安心して弾ける。当たり前の事なのだが嬉しいです。

自転車ブーム

| コメント(1193) | トラックバック(0)
自分がロードバイクに乗るまでは気づきませんでしたが、今は自転車ブームでロードバイク、クロスバイク、ピスト(シングル)バイク、小径車(ミニベロ)といった一昔前では名前も知らなかったような車種のバイクが街中にあふれています。最近は街を走る自転車、駐車している自転車を眺めるのが好きで、特にピストバイクは個性的で美しい物が多く目を引きます。

これら本格的バイクの特徴はまずフレームの素材、そしてパーツの違いがあります。
最近のママチャリはたいてい高張力鋼板(ハイテン)が使われています。そこそこの素材ですが、本格的なバイクはカーボン、アルミ合金、クロムモリブデン鋼(クロモリ)、チタンといった素材が使われており、ママチャリとは重量や剛性差があります。

私のロードバイクは奮発してフルカーボンです。お手頃価格だとアルミ合金フレームで、アルミの振動吸収性の少なさを補うためフォークのみカーボンやリア三角をカーボンにしたカーボンバックのバイクもあります。アルミもカーボンも見た目はやや骨太で、加工の自由度を生かした曲線的なデザインが特徴です。

クロモリやチタンを使ったバイクはカーボンやアルミに比べて細身のフレームになります。加工に融通の利くアルミやカーボンに対して、こちらは基本的にパイプを組み合わせた形になりますが、細身で軽やかなデザインは、これはこれでまた良しです。

自転車でコンポーネントとは変速機やブレーキなどフレーム以外のパーツの事ですが、ママチャリとバイクの大きく違う所です。シマノ社が有名ですが、元は釣具やで今や世界的な自転車パーツメーカ。私のロードバイクは中級グレードのシマノ105コンポーネントでそろえています。パーツ一個でママチャリが買えるくらいの値段がしますが、強度、重さ、動作の正確性、滑らかさなどママチャリとは別物です。

そろそろ熱くなって来たので自転車用ウェアを買いにスポーツファッション店で買ったのですが
画像 156.jpg
<服の写真の取り方がよく分からない。結構気に入ってます。>

ゴルフやテニスウェアが中心の店ながら店員さんは自転車が趣味らしく、話が盛り上がりました。ダイエットのために乗ってるそうですがジョギングとかよりやる気になりますと言ってました。

あと昨日スケート教室帰りに警察の方が無灯火自転車の検閲をしていました。ママチャリの時は気になりませんでしたが、ロードバイクに乗ると無灯火自転車は怖いです。皆さんくれぐれも夜間自転車に乗る時はライトをお忘れなく。最近は明るく長持ちするLEDライトのものが便利です。警官の方にびしばし取り締まってくださいと声をかけると、その警官の方が実はロードバイクのりでまた話が盛り上がりました。もっぱら最近の自転車のマナーの悪さに関してです。無灯火自転車は洒落にないませんよねと意気投合した。

とはいうものの、私も先日、ある街で駐車中、違法駐車の札を貼られてしまいました。うかつでした。これからはマナーを守りたいと思います。その街のFrancfrancにはおしゃれな駐輪所があります。(店を利用しない人は使わないようにね。)坂道の駐輪所にロードバイクを止めるにはコツがいり、ペダルで引っ掛けます。
画像 152.jpg
画像 153.jpg


さて最後に興味のある人は自転車の種類のおさらいをしときましょう。

ピスト(シングル)バイク
ピストとは競輪用のトラックレーサーのことだが、これに前輪だけブレーキをつけた物が多いです。(ブレーキのない、ノーブレーキピストは違法です。)固定ギアでシンプルでおしゃれ。今流行ってます。
画像 059.jpg
画像 147.jpg
画像 148.jpg

ロードバイクロードバイク
舗装道路の王様。ただし近所の買物用には若干不便かも。でも私は今のところもう一台他のバイクを買う気にはならないので、リュックにキャベツ背負って買物してます。
画像 145.jpg

クロスバイク(クロスバイク)
ロードバイクとMTBの中間。いい物はロードバイクぐらいスピードが出る。フレームの形状はロードバイクに比べるとスピードを出すよりは楽に乗れるポジションになるよう設計されている。
画像 125.jpg

小径車(ミニベロ)
意外とスピードが出る。折りたためる物も多い。
画像 158.jpg

こんな個性的なミニベロもある

画像 151.jpg
9時45分にトレック六本木店前に集合です。後頭部が写ってるのはただの通行人で、つれの方と店の中の自転車を見ながら「すごいかっこいいね」とか会話しながら通り過ぎて行きました。
ちなみに画像をクリックするとオリジナルサイズになりますが、iPhonの写真はこんな感じです。ブログにアップする写真をとるにはちょうど良い感じ。

本日の参加者は引率される六本木店スタッフの方が二名、客が私を含め三名でした。目黒川の桜を見つつ、オープンカフェで一服、アクセサリー店にたちより店に戻るというコースでした。オープンカフェなどでの会話は楽しく色々と参考になりました。道中は文字通りのんびりなので女性の初心者の方も安心して参加できます。ロードバイク私だけでしたが、今回は歩道中心だったのでロードバイク向けのコースではありませんでした。今日は頻繁に停車したので、ビンディングペダルのつけ外しの良い練習になりかなり慣れました。皆さんの会話と共に今回のサイクリングで印象に残ったのがアクセサリー店です。女性スタッフの方の知り合いの方のお店です。
画像 149.jpg

銀細工の店「鈴木荘」
http://www11.plala.or.jp/suzukiso/
です。

いまいち垢抜けない私には、非常に参考になりました。店主の方がかっこいい。なんというかライフスタイルのカッコよさがにじみ出ています。ついたときには買出しに出かけておられ、ロードバイクで登場です。アクセサリーは蝶をモティーフにした物が多いです。私の今の名刺は赤燐バージョンですが、ちょっと前は青い蝶バージョンで、私も蝶がデザインとして好きです。
私はこういう物作りに関しては不器用なので銀細工職人には絶対なれませんが、自分がもし銀細工職人の才に恵まれて銀細工職人をやっていればこういうアクセサリーを作っていただろうと思うほど私の好みに一致していました。このサイクリングに参加しなければ絶対にこのようなアクセサリーショップなどには脚を運ばなかった事を考えると不思議な縁を感じます。たまたまこうした縁で入った店が何と言えば良いかわかりませんが、気味が悪いほど自分のセンスに一致しているという体験に人生の不思議を感じます。

店主の方に最近楽天で流行っていると言う割れチョコをご馳走になったのですが、ちょうど会社の買いだめしたチョコレートがきれたので、私も注文しました。
楽天割れチョコ
以前書いたとおり、私は会社の三時のティータイムはコヒーとチョコレートで脳の活性化を図ります。今やカフェインとチョコレートがなければ気だるい午後を乗り切れぬ体です。

店の外には小さな池があり、めだか、タナゴ、タニシなどを飼っておられます。スタッフの久保田さんが興味津々に眺めておられ(六本木トレックのブログにも名前が出ているので名前だし問題なしですよね。)
久保田さんのプロジェクトワン
店主の方と会話が弾んでいて自然が好きな方なんだろうなと思いました。今日はホイールのでっかいMTBで参加されていました。山を走るMTBイベントも開催しておられるそうです。やっぱりMTBは舗装されていない大自然を走ってなんぼだと思います。

今後ものんびりツーリングは開催されるそうなので、興味のある方は参加してみては如何でしょうか?

私はゴールデンウィークの一つの計画として北海道ツーリングを検討しているのですが、その相談にも乗っていただき、自転車が輪行バック状態であれば飛行機の荷物扱いにしてもらえる事などいろいろ参考になる事をお聞きしました。とりあえず一日中自転車にのる体験を何度かしなければいきなりは無謀なのでゴールデンウィークまでには何度か経験をつんで置きたいです。今のところ六本木トレック店でもロードバイクで100kmぐらいのツーリングのイベントを4月29日に行う予定と言う事なので、そちらに参加しようと考えています。

ちなみにその後スケート教室に行ったのですが、もうすぐ改装によるリンク休業のせいか今日は大人クラスも子供クラスも練習メニューてんこ盛りでした。子供クラスはバックスクラッチ、シットスピンとスピンてんこ盛りだったようです。ヒロ君は「スケート帳」と書かれたノートブックに今日の練習内容を熱心に書き込んでいました。あと新しい靴(スケート靴でなく普通の靴)を自慢していました。非常に軽い靴です。23.5cmになったと言ってました。まだ背は低いのですが足がこれだけ大きくなればやがて見る見るでかくなるのでしょう。

太田ゆきなさんが友人のスケーター(おそらく大学スケーター?)を熱心に指導していました。西野ゆうき選手にも軽くアドバイスしてました。神宮にはいない、というか世界的にも稀有な「氷上のダンサー」である太田ゆきなさんのアドバイスは神宮のクラブ生達に非常に良い影響を与えるのではないかと思います。以前の日記で太田ゆきなさんを久しぶりに見たと書いた時には佐野稔先生に「ひさしぶり、今は何してるの」とか声をかけられていたのであの時は本当に久しぶりに神宮に顔を出したのでしょう。これからどのような道に進まれるかは分かりませんが、スケートに関わっていて頂きたいです。ピアノも達者で音楽センス、舞踏センス抜群なのでふりつけなども出来るのではないかと思います。

それでは今日はこの辺で。
私が準備も整わないうちに、新しいホームページを立ちあげたのは、今日新しく知り合う人達との出会いに備えてです。今日は一ヶ月ほどまえに自転車を買ったTrec六本木店主催のサイクリングイベントとスケート教室があります。むろん今日のためだけでなく、これからも多くの人と知り合うため、そして自分のひとつのアウトプットのための場として、今までのミクシィでなく一般に公開されたホームページが必要だと感じていました。

新しい趣味である自転車を共通の趣味とする知り合いを作りたいというのは前にも書きました。
スケートの方は、骨折でしばらくブランクがあったせいもあり今のスケート教室で連絡先を知らない人が多いです。今のスケート教室のメインインストラクターである今堀先生が今月で大人スケート教室の担当を終了し、神宮スケートリンクは来月から改装工事で二ヶ月ほど休業のため、スケート教室で連絡先交換をするには時間の猶予がありません。

私の趣味はもっぱら、このスケートと自転車、そして電子ピアノです。
スケートは2006年3月から今のスケート教室に通っています。トリノオリンピックの荒川静香選手の演技に感動して自分もやりたいと思ったのがきっかけです。それまでは小学生の時にちょっと滑ったことがあるぐらいであり趣味として始めたのはこのスケート教室に入ってからとなります。

自転車はもともと小さい頃から好きでしが、今乗っているロードバイクはほんの一ヶ月前に買った物で最近はずっとママチャリに乗ってました。自転車が趣味になったのはほんの最近であり、私の趣味ですとはっきり言うのは今日が始めてです。きっかけは通勤用にもっと良い自転車が欲しいと思った事で、最初はクロスバイクのそこそこ手頃の物をと思ったのですが、なぜか最初の予算の倍くらいのロードバイクを買っていました。それからその自転車がいたく気に入り、単なる通勤手段というより趣味として意識するようになりました。

ピアノは一番長くやってる趣味です。小学生三年頃から初めて細く長くやっています。大学の頃はオーケストラ部に入ってチェロをやっていましたが今は全く弾いていません。最近は新しく電子ピアノを買い替え比較的熱心に練習してます。スケート教室で知り合ったもときんさんのサックスとのデュオでちょっとした発表会をする事を二人で計画しており、オーケストラの知り合いである元バイオリニストの某チェリストさん、(ブログ等をやってないのでハンドルネームが無い、不便なので本人にネット上の名前を作ってもらいたいです)と近々チェロソナタの練習をする予定です。他にも梅蔵さんと言ったオーケストラの知り合いの方と室内楽をやりたいと考えています。ある程度仕上がったらYoutubeとかにアップしたいとか考えてます。

私は2003年の暮頃に鬱病になりました、ミクシィでもその事は触れていますが詳しい事はまだ書いていないような気がします。また機会があれば書こうと思います。ずっと回復の目処もたたず、会社も何度も休職しましたが今年やっと回復の目処が立ってきた所です。二月から会社に復帰して、今日まで欠勤したのは一回。てっちゃんさんの送別会で飲みすぎて二日酔いした時のみです。

それでは今後ともよろしくお願いします。

mixiはこちら

| コメント(1161) | トラックバック(0)
mixiは継続します。urlはこちら。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=14327338
私の知り合いの方でmixiに加入したいと言う事であればメールを頂ければ、招待状を出します。
Movable Typeをインストールしたが、まだ使いかたは良く分かっていない。とりあえずブログと記事をテスト的に作ってみた。本格運用まではもう少しかかりますが、週末に旧ホームページの記事とミクシィの記事をとりあえずこっちにコピってこようと思います。

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。